猫とイラストと冬

猫とイラストと冬

エアシップQがついに発売もクソゲーとレビュー評価される悲しい結果に…

このブログでもたびたび登場した
PSVitaの日本初サンドボックスゲーム「エアシップQ」が11/19に発売されたよ~

エアシップ Qエアシップ Q

でも・・・恐ろしい事態になってしまった
なんと!Amazonレビューで「クソゲー」と連発されてしまう悲惨な自体に!!

スポンサーリンク

怒りのレビューが続々と・・・

20150606_002ガーン!怒りのユーザーレビュー

なんでやぁ~!?
人気実況者にいっぱい遊んでもらったのにぃ~!!!
と、ミラクルポジティブさんもビックリの評価だっただろうね。

というわけでなんでそんな事になったのかを
サクッとレビューを読んでみよう。

悪い点

  • 操作性が悪い
  • 船が大きくなるだけジャマ
  • マップが固定でストーリー固定
  • SEがうるさい
  • 思うような位置に置けない
  • BGMのつなぎ目が雑
  • アイテム説明なし
  • 船がいつの間にか埋まる
  • クラフトゲームなのに地形構築を楽しめない
  • デスペナもなしでRPGの意味は?
  • もっと自由に船で飛び回れるかと思ってた
  • ゲームの作りが荒い
  • 鍵ゲー
  • ストレスゲー

いい点

  • 猫は可愛い
  • ブロック破壊が1発なのでサクサク掘れる

 

むむむ・・・
確かに言われてみればそう…かも…というレビューばかり。

確かに主人公の声はうるさい。
そして日本初を売りにしているのになぜか英語でしゃべるんだよね

攻撃や行動のたびに「ヘア!!」だか「ワー!」だかしゃべりまくるので
とってもうるさい。

そして攻撃があたった時のノックバックが地味にうざい。
いちいち倒れないでくれ・・・反撃できない、逃げられない。

エアシップQというタイトルなのに字幕で「翔船(しょうせん)」って言うのは謎だったわ。
一度もエアシップって言う言葉出てきてないんじゃない?でてきたっけ?

スポンサーリンク

ゲーム実況者の感想

ぬどん編

ぬどんは発売前にプレイしていたこともあって
かなり楽しみながらプレイしてたなぁ。
「できること」を手探りで探していくのが楽しんでいる感じだった。

船を盆栽船にしたのも面白かったし
土+水+どんぐり=木が生える!!

っていう仕組みに気付いた時の嬉しそうな反応(●´ω`●)
コツコツと地味に作業するのが好きな人には合いそうなゲーム

特にぬどんの場合はマイクラでも装置を作るのが好きだったり
システマチックなことに向いているから
今回のエアシップQも地味にコツコツする作業が楽しめたのかも。

後日の生放送でぬどんいわく
面白いゲームだけど前編ひらがなってことは「こども向け」につくってある
でもプレイする人は果たして子供なんだろうか~?
子供には難しいゲームな気がする。
マーケティングを間違えたんじゃないかなぁ?
的なことを言ってた。つづいて発売後に生放送でプレイしている

ユニ編

昨今のユニの生放送は荒れることがほとんどないんだけど
今回の発売後のエアシップQ配信はちょっと荒れてたね

主に「クソゲー」が占めてた・・・

ふだんはササラさんの声を使って
視聴者の声を読ませているんだけどそれもできないくらい。

コメントもいつもなら表示してくれるのに
今回はほとんど非表示のままプレイだった。

で、みんながクソゲーってことを知ってしまったからか
なんだか頑張って面白くプレイするスタイルに見えちゃって
ユニの実況殺しなゲームになっちゃった気がして残念だったな~
途中で見るのやめちゃったわ・・・。

発売前にプレイしていれば荒れることもなかったかも。
え~っと、ユニ大好きなので擁護してばっかりだけど・・・

まとめると

購入前にプレイ動画を見ればよかったじゃん!

でも操作性の悪さとかは自分でやってみなくちゃ分からないもんね。
せめてSteamのインディーズゲーム的な立ち位置ならよかった。
「アプデで改善されていく面白そうなゲームがあるぞ」で
話題になったかもしれないのにパッケージ化して据え置き機で出したら
そりゃクオリティももっと求められるの分かってただろうにね。

非常に残念な結果となったエアシップQでした。

1,000円・・・だと?!

Return Top